こんにちは。 借金ではイタイ経験をした管理人の、借金をテーマにしたサイトです。
借金についてはいろいろ勉強しました。 学んだ知識と経験を共有することで、誰かの役にたてると嬉しいです。

借金(融資)をいろいろな角度から

借金はものすごく便利な一方、借りすぎると返済苦など、困った一面もあります。 そのことに気づかないままでは、手痛い失敗をやりかねません。

ローン、キャッシング、融資、・・・など、いろいろな表現はありますが、どれも 金利を払って、お金を借りる借金です。

借金について正しく知り、そして上手に使いこなす事が、現代人に必要な常識の一つ。 いい面だけが目に入りがちですが、それだけでは、使いすぎてしまいます。 いろんな角度から借金を眺めて、理解を深めましょう。

借金に関わる失敗を知る

借金に関わる失敗を知ることは、自身が失敗しないためにすごく大事なことです。

いい事も、悪い事も、両方知ってから利用することで、失敗を避けられるようになるはずです。

ローンやキャッシングの便利さに、ついつい使いすぎそうになったときには、借金のイヤ面を思いだせば、心の中でブレーキになってくれるはずです。

利用しながら、利用されてる?

ローンやキャッシングはすごく便利です。 欲しいモノ・サービスを、タイミングを逃さずに手に入れることもできます。

一方で、ローンやキャッシングを利用することで、あなたは金利を支払います。

これは、貸す側にしてみれば、お金を貸すことで、貸している期間、金利という収入を得ることができます。

ところでローン返済中は、当たり前ですが返済によって可処分所得が少なくなります。 その間に欲しいモノ・サービスが見つかると、またお金を借りる人が多いです。 つまり、ローンが継続することで、貸す側はさらに安定的に金利収入を得る事ができます。

ローン残高が減らずに、ある程度の残高を維持してるような利用者は、金融会社にまんまと利用されてるのかもしれませんよ。

自己破産


メニュー



ピックアップ!こんな話題も

有名人の借金
芸能人など有名人には借金の話題が多いです。また芸能人の借金って桁違いに大きいことも珍しくないです。借金は甲斐性なのか?単なる苦労なのか?成長のバネなのか?いろいろな芸能人の借金の話題を集めました。.....

新しいカタチの融資・ソーシャルレンディング
ソーシャルレンディング(個人間融資)というタイプの融資(借金)もあります。借りたい人と、貸したい人を仲介する仕組み。サラ金や消費者金融などのネガティブなイメージや、銀行などの面倒なイメージを嫌う人に支持され利用されてます。.....

大学進学・新車購入・新築、ローンが便利
子供が大学に合格した、家を新築したい、新車を買いたい、大きな出費ですよね。でも、なんとかしなくてはいけない時に助かるのがローンです。いろんな種類のローンを紹介します。.....

借金は中毒!?やめられない借金
ローンやキャッシングなど、気軽に利用できる借金の仕組みが、安易な借金を招いて苦しい返済生活に陥る人も少なくないです。「お金がなければ、あきらめる」ということを忘れたことのツケは意外に大きいです。お金で失敗しないためには、借金に頼らない生活を取り戻すことが大事です。.....

貸金業は古いけど、貸金業法は意外に新しい
貸金業は古くからありますが、それを取り締まるための貸金業法は意外に新しいです。貸金業法の解釈には幅があったりで、例えば改正により後日違法となった「グレーゾーン金利」と呼ばれる金利が暫く存在したことも。多重債務問題が社会問題化し、法改正のきっかけになったり。.....

借金の返済方式の知識
借金の返済方法にはいくつか種類があります。近頃話題のリボ払いは、「残高スライド方式」。その他一般的なものでは、元利均等返済、元金均等返済、元本一括返済方式などがあります。それぞれに特徴があり、適切な方式が選ばれ利用されてます。.....

キャッシングが便利なシーン
突然の飲み会・出張、ご祝儀、などなど、現金が欲しいときに頼りになるのがキャッシングです。ネットで申し込みもできて誰にも気付かれずに利用できるので安心サービスです。.....

借金が人を大きく成長させる?可能性を引き出す?
借金をしたことで覚悟が定まり、大物へと成長したという話をよく聞きます。借金による逆境が人を大きく成長させるという側面。多くの成功者には借金を乗り越えた経験を持った人が多くいます。借金がその人の可能性を引き出すきっかけになったとすれば、借金もその人の血肉の一つなのかも。.....

「貸す側の計算」と「借りる側の価値観」|あなたならどっち?
借金には、貸す側と借りる側の二つの立場があります。貸す側は何もしなくても、時間とともに利息を受け取れ、借りる側は利息を払わなければなりません。借りる側にも早く商品やサービスが手に入るなどのメリットはありますが、見方しだいでは借りる側は貸す側に利息を貢ぐために働いているふうにも。。。.....

消費のための借金と投資のための借金
借金の使い道として、消費に使う場合と投資に使う場合に分けて考えてみましょう。投資に使う借金は、投資から得られる利益が、借入に必要な利息に対して高いか低いかで客観的に評価する事ができます。利息より高い利益を狙うことでプラス収支にする事ができます。しかし消費の場合は違います。.....

連帯保証人や自己破産、債務整理の話題
連帯保証人に迷惑をかけたくない、自己破産はどうしても避けたいという理由から、返済一筋しか考えられない人は実は多いです。貸金業法の改正などを追い風に、過払い金返金で借金を一気に解決した人も多い中、その可能性さえしらないまま.....

Copyright © 2009-2011 借金を知り隊~イタイ経験からの学び~. All rights reserved